美脚パーフェクトプログラム〜GOLD〜

大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

DLダイエットサポート

蒟蒻

おからこんにゃくのこんにゃくについて書きます。

こんにゃく(蒟蒻)はサトイモ科の植物です。あるいはその球茎から製造される食品のことです。

こんにゃくを食用としている地域は日本、中国、ミャンマー、韓国で、農産物として生産され、市場に流通しているのは日本のみだそうです。日本での主産地は群馬県で国内産の9割を占めるそうです。

コンニャクイモ(蒟蒻芋)とも言うようです。サトイモ科の夏緑多年草植物で、学名はAmorphophallus konjac K. Kochです。英名はelephant footです。

原産地はインドまたはインドシナ半島(ベトナム付近)とされ、東南アジア大陸部に広く分布しています。生のコンニャクイモはシュウ酸カルシウムのエグ味が強く、何らかの方法でそれを除かなくては食べられないそうです。

通常こんにゃくと呼ばれる食品は、コンニャクイモに含まれるコンニャクマンナンを糊化し、アルカリ(通常水酸化カルシウム水溶液が用いられる)を用いて凝固させたもので、独特の食感を示します。

製造法は球茎を粉状(実際には単に球茎を粉砕した荒粉と、マンナンを精製した精粉に分かれ、こんにゃく製造の際は双方を混合して用いる)にして水とともにこねたあと石灰乳(石灰(ここでは消石灰のもの)を少量の水で懸濁したものです。

おからこんにゃくに使われるこんにゃくの調理法などについて書きました。