美脚パーフェクトプログラム〜GOLD〜

大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

DLダイエットサポート

おからこんにゃく関連記事カテゴリの記事一覧

現代表取締役は

おからこんにゃくのこんにゃくのまたまた続きです。

現代表取締役は、園 正光 国内問わず海外にも販売実績のある機械は、広く普及しているようです。調理法としては、コンニャクは、おもにおでん、煮物、味噌汁、豚汁など汁物や鍋物の具に使われます。

また、串を刺して味噌田楽の素材としても用いられます。「糸こんにゃく」や「しらたき」は、すき焼きなどに使用されます。なまのまま薄く切って刺身として食べることもあります。

玉コンニャクは、玉状のコンニャクを3つくらいずつ割り箸に刺していき、大鍋の中で醤油ベースの汁で煮込んだものです。 山形県では、観光地・祭り・学園祭などで必ずといっていいほど売られています。

また、東京などにある山形の郷土料理を売り物にする居酒屋でメニューに載せられていることもあります。食べるときは、カラシをつけることが多いようです。

玉こんにゃくを煮るときは、するめでだしをとり、日本酒を多めに入れると美味しくできるそうです。 コンニャクゼリーは、粉末のコンニャクに果汁等を混ぜて固めたものです。

おからこんにゃくのこんにゃくについて書きました。まだまだ続きます。

水酸化カルシウム水溶液を

おからこんにゃくに使われるこんにゃくについてです。

水酸化カルシウム水溶液を混ぜて煮沸して固めます。純粋なコンニャクは白灰色をしているため、彩りのために細かく砕いたひじきなどの海藻を固める際に入れて黒くしたものが、もっとも一般的なコンニャクです。

また、糸状に固めたものを糸こんにゃく、糸こんにゃくより細く固めたものをしらたきと呼びます。近江八幡では三二酸化鉄を加え、赤色に加工した赤こんにゃくもあります。

シュウ酸カルシウムが含まれるため、加工には細心の注意が必要です(ゴム手袋を使うのが理想的なようです)。コンニャクにひじきなどで色をつけるのは、昔は皮ごとすり下ろした芋を使っていた名残だそうです。

江戸時代に製粉法が開発されて白いコンニャクを作ることが可能になりましたが、コンニャクらしくないと評判が悪かったためので、わざと色をつけるようになりました。

国内での製造機械メーカーとしては、?園工作所などがあます。 創業大正13年、設立昭和25年の老舗 蒟蒻機械専門の専門設計製作所で、全日本蒟蒻連盟設備指定工場でもあるそうです。

おからこんにゃくのこんにゃくについて書きました。参考になると嬉しいです。